MENU

ヒト型セラミド3と肌の関係

専門家の多くが認める、最強の保湿成分「ヒト型セラミド3」

ヒト型セラミド3は、多くの専門家が認める、最強の保湿成分のうちの一つです。その効果や効能性は、大勢の医師が太鼓判を押しており、保湿を考えるひとにとって、もっともオススメの保湿成分だと言えます。

 

今回は、この「ヒト型セラミド3」の基礎知識と、その働きについて見ていきましょう。

 

ヒト型セラミド3とはいったいどういうものか?

 

セラミドには、いくつかの種類があります。どれも大変優秀なものなのですが、ヒト型セラミド3の場合は、人間がその生体内に持っている細胞間脂質と同じような構造体を持っているという特徴があります。
人間がもともと持っているものと似た構造体なのですから、当然ほかのセラミドに比べてとてもなじみやすく、活躍させやすいと考えることができます。

 

ヒト型セラミド3はどうして活躍させることができるのか?

 

ヒト型セラミド3は、上でも述べたように、肌となじみやすいという特徴があります。また、人間が持っている細胞間脂質と似た構造体であるため、失った細胞間脂質の「代替品」として働くことが可能なのです。

 

このような特徴があるため、年齢、あるいは肌荒れ、乾燥などによって、自分自身のセラミドを失ってしまった人にも、ヒト型セラミド3は有効に働きかけることができます。

 

かつて、このヒト型セラミド3は、基礎化粧品に配合することが難しいと言われていましたが、現在では多くの基礎化粧品に利用されるようになりました。